しいたけの豆知識 knowledge

しいたけの保存方法。正しく保存すれば美味しさも長持ちします。

 

しいたけは、保存状態によって賞味期限が変わってきます。

水戻しする前(使用前)の乾燥した状態での保存方法をはじめ、戻した後のしいたけや、戻し汁の保存方法などをご紹介します。

 

とっても簡単、しいたけの保存方法

使用前のしいたけの保存方法

常温で保存できますが、しいたけにとって高温多湿は大敵です。

 

まず袋を切ったしいたけは、とにかく吸湿しないように配慮してください。開封後は乾燥材を入れるか、密閉容器に移し替えて冷暗所などで保存することをおすすめします。

 

また理想的な保存の温度は低温5℃くらい、湿度は40%くらいが望ましいです。ご家庭での保存場所であれば、水回りの下よりも戸棚の上などが好ましいです。

%e4%bf%9d%e5%ad%98%e6%96%b9%e6%b3%95_13

 

 

戻した後のしいたけの保存方法

水で戻した後のしいたけは、冷蔵庫で約1週間ほど保存が可能です。

 

それ以上、水に浸けたままだと風味が落ちてしまい、渋みや苦みが出てしまうので注意してください。

%e4%bf%9d%e5%ad%98%e6%96%b9%e6%b3%95_3

 

もし使いきれなかったしいたけは、戻した状態のまま冷凍保存するのがおすすめ。凍らせることで旨味や甘みがさらに増します。

%e4%bf%9d%e5%ad%98%e6%96%b9%e6%b3%95_11

 

 

 

しいたけの戻し汁の保存方法

しいたけの旨味が詰まっている戻し汁は、ぜひ料理に活用してください!

 

お味噌汁やお鍋、煮物、炊き込みご飯など幅広い料理に使えば、より一層風味豊かな味わいの仕上がりになります。

 

保存する際は、製氷機に入れて凍らせると、必要な分量だけ利用できて便利です。

 

 

%e4%bf%9d%e5%ad%98%e6%96%b9%e6%b3%95_5%e4%bf%9d%e5%ad%98%e6%96%b9%e6%b3%95_4

もし湿気が気になるしいたけがあったら・・・

湿気に気を付けていても「うっかり湿度の高いところで保管しておいてしまった」という場合は、「天日干し」をするのもよいでしょう。

 

このとき、お日様に2~3時間程度あてるだけで充分です。

 

天日干しすることで、ビタミンDなどの栄養素もアップします。天日干しの際には干してすぐではなく、冷ましてから密閉容器やポリ袋に入れると良いでしょう。

%e4%bf%9d%e5%ad%98%e6%96%b9%e6%b3%95_8

 

 

text=姫野一郎商店